地球環境にやさしいエネルギー!太陽光発電

そもそも太陽光発電とはなんでしょう?

太陽光発電とは、その名の通り太陽の光をエネルギー源とした発電方法です。太陽電池で太陽の光から電気を発生させるので、火力発電のように石油や石炭、天然ガスといった化石燃料を燃やす必要がなく、地球温暖化の原因となる二酸化炭素も発生しません。また、万が一の事故で放射線漏れが起こる原子力発電のような危険性もありませんし、水力発電のようにダムを作って環境を破壊することもありません。つまり、環境にとても優しい発電方法なんですよ。

太陽光発電にも弱点?

ただし、太陽光発電には長所ばかりではなく、弱点もあります。太陽電池は当然のことながら太陽の光がある状態、つまり昼間で晴れている状態でないと十分な発電量を得ることができません。そして、発電量自体も少ないので、他の発電方法を太陽光発電で代替しようとすると、広大な土地を太陽電池で覆う必要があります。そのため、現状では太陽光発電による発電コストは他の発電方法にかなわないのが現状なんです。もちろん、太陽電池の発電効率については大学や企業で日々研究がなされています。研究が実を結んで、発電効率が画期的にアップするのを期待したいですね。

あなたの家でも太陽光発電!

最近は太陽電池を自宅に設置して太陽光発電を行うお宅も増えています。夜間は太陽光発電ができないので、電力会社から従来通り電気を買う必要がありますが、日中は逆に、余った電気を電力会社に売ることもできるんですよ。電気の使い方や天気にもよりますが、10年から20年で太陽電池の元が取れるといわれています。元が取れるまで結構長いじゃない?と思われるかもしれませんが、太陽光発電をすることによって、その分電力会社の火力発電や原子力発電の使用量が減るんですから、地球環境の保護に貢献できるってことですよね。それはとても素敵なことだと思いますよ。もしよかったら、あなたも参加してみませんか?

光熱費を抑えるために太陽光発電を設置するケースが増えています。さらにコストを削減したいなら、太陽光発電の価格を比較して、初期投資を節約しましょう。