代理店ビジネスの基本を知ろう!仕事の性質とバリエーション

代理店の仕事内容とは何か?

代理店というと、お店が構えられていて、そこに行って何らかの契約をするというイメージがあるかもしれません。販売店との違いはと言われるとその違いはよくわからなかったりすることも多いでしょう。代理店の仕事は、大元の会社と顧客の間に入って、契約の成立まで持って行くことが仕事といえるでしょう。代理店では、顧客はその代理店と契約を結ばず大元の会社と契約を結ぶ形になります。ここが販売店との一番の違いといえるかもしれません。

代理店にいろいろな業種で活用されている

代理店というビジネスの形はたくさんの業種で活用されています。中でも認知度が高く代表的なものとしては、保険の代理店と旅行代理店かもしれません。どちらも、大元の保険会社、旅行会社と契約を交わすことになりますが、契約をする時に目の前にいる代理店の人は、保険会社や旅行会社の社員ではないのです。代理店は契約が成立すると、大元の会社からコミッションを受け取ります。これが代理店の一番柱となる収入になるでしょう。

代理店ビジネスで独立する方法もある

業種にもよりますが、代理店ビジネスは個人でもできます。大元の会社と代理店契約をすることにより、コミッションで生計を立てるというビジネスを始めることができるのです。業界によっては、そのための資格試験のようなものが存在するケースもありますが、司法試験のように難関資格ではなく、その仕事をするのであれば当然必要になる知識ですので神経質になる必要はないでしょう。何らかのビジネスを始めて独立起業したい場合には、代理店ビジネスも視野に入れて検討するといいかもしれません。

すぐに独立できる手段選ぶなら代理店の募集です。これまでのスキルを存分に活かして経営を行うことが可能です。