これでOK! トイレ詰まりへの対処法と予防法

トイレ詰まりが起こる原因

トイレが詰まって水が流れず、嫌になったことがあるでしょう。特に、トイレのトラブルは暮らしの中でも深刻な問題だと思います。このようなトラブルの原因は、主にトイレットペーパーやティッシュペーパーを大量にトイレに流そうとするときにおこります。特にティッシュペーパーはトイレットペーパーより厚みがあるため水に溶けにくくなっています。多くの事例がトイレットペーパーを切らしている時、代わりにティッシュペーパーを使いトイレに流したらに詰まってしまったという事例が多いです。そのほかにも、大量の汚物が流れてしまい詰まったり、節水のためだといって少量の水で流そうとして詰まってしまったという事例があります。

トイレ詰まりを治す方法

治す方法はいくつかあります。汚物が詰まってしまった場合は、バケツを使って水を少しずつ流す方法があります。少しずつ水を流すことによって、汚物に水分が含まれ柔らかくなり流れやすくなります。トイレットペーパーなどの紙類が詰まってしまった場合は、ラバーカップを排水溝の入り口部分に当てて引き抜く方法があります。これが一番オーソドックスな方法ですが、万が一ラバーカップがない場合は先述したバケツが役立ちます。この場合は、バケツの水をある程度の高さから排水溝に流して水流を作って流します。

トイレ詰まりを予防する方法

トイレを詰まらないようにするには、風邪と同じように予防するのが一番です。トイレの詰まりを予防する一番の方法は「流してはいけないものを流さない。」もちろん当たり前のことです。トイレットペーパーが無くティッシュペーパーで流すしかない場合は極力少量のティッシュペーパーで乗り切るよう努力することです。また、節水だからといって少量の水しか流さないというのもやめましょう。節水をするのであれば、トイレの水を流す大小のレバーだけにとどめましょう。

水漏れが見つかったら、ただちに専門の業者に問い合わせるべきです。まずは、見積もりを依頼して、価格とサービスを確認しましょう。